人材サービス
2020.03.31

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

就業中の皆さまへ

新型コロナウイルスが発生して以来、世界各地で感染の報告が続いています。各々の咳エチケットや手洗いの実施が重要とされています。皆さまにおかれましても、感染症対策に努めていただきますとともに、下記事項を順守くださいますようお願いいたします。

1. 海外への渡航について(県境移動について)
外務省のホームページでは、各国および地域における入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する情報が随時更新されています。日本においても、政府は、複数の国や地域からの帰国者に対して14日間の自主隔離と公共交通機関の利用の自粛を要請しています。また、世界各国への不要不急の渡航を控えるよう求めています。
ご自身、ご家族および職場の方々の健康を最優先して渡航を控えるようお願いいたします。
追記:海外のみならず、県外への移動も当分の間控えるようお願いいたします。

2. イベントについて
今後の見通しとして、大型のイベントや集会を自粛する努力を続けなければ、患者の急激な増加が生じる可能性が指摘されています。換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話や発声が行われるという3つの条件が同時に重なるような場を避ける行動をお願いいたします。

3. 症状のある方
以下のいずれかに該当する方は、各地域保健所へ連絡してください。
■風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない症状の方も同様です。)
■強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、各地域保健所へ連絡してください。
■高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方
透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
追記:自身が発熱した場合、解熱後24時間は自宅待機のうえ、出勤に関しては保健所および就業先と協議致します。

4. 感染対策の励行
手洗い、咳エチケット等を徹底し、風邪症状があれば外出を控えること。
外出する場合には可能な限りマスクを着用していただくようお願いいたします。
また、発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

5. ご自身または近親者などに感染の疑いが発生した場合
海外から帰国された方で咳や発熱などの症状がある方、ご自身や近親者が新型コロナウイルスに感染、あるいは感染の疑いがある場合は、各地域保健所に事前に連絡のうえ診察を受けてください。また、現時点で症状が無い場合でも渡航歴や感染された方との接触歴等から都道府県が必要と判断した場合には検査が行われることがありますので保健所にご相談ください。
感染が認められた場合や感染の疑いがある場合は、医療機関の指示に従ってください。
上記の状況について、速やかに弊社担当者にご連絡ください。

6. 派遣先から自宅待機の指示があった場合
弊社に連絡のうえ、派遣先の指示に従ってください。その間およびその後の対応に関しては、派遣先及び弊社にて協議し、改めてご連絡致します。

本件に関するお問い合わせは、お電話ください
 株式会社 生活支援センター・ひまわり
 フリーダイヤル:0120-106-136

2020年04月28日

お知らせ一覧に戻る

サービス一覧