総合ニュース
2020.06.19

介護職へ復職すると40万円!介護人材再就職準備金貸付制度について

介護人材再就職準備金貸付制度とは、介護職員として資格・経験を有していながら、介護の現場から離れていた方が介護職員として再就職した際に、再就職に必要な費用(最大40万円)を貸し付ける制度です。
継続2年以上の従事を行うことで、貸付金の返還が免除されます。


▼▼以下の条件をすべて満たす方が対象となります▼▼

1.介護職員として1年以上実務経験がある方(介護事業所等での勤務)

2.介護福祉士、実務者研修、介護職員初任者研修、介護職員基礎研修、ヘルパー1級、ヘルパー2級のいずれかを取得している方

3.介護保険サービス事業所等において介護職員等として再就職した方

4.介護職員等として再就職する日までの間に、あらかじめ都道府県福祉人材センターに氏名及び住所等の届出を行い、かつ、実施主体が定める再就職準備金利用計画書を提出した方

※詳細は、都道府県の社会福祉協議会が運営する福祉人材センターに確認お願いします。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
ひまわりでは様々な介護事業所のご紹介が可能です!是非ご相談ください(^^♪
▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

お知らせ一覧に戻る

サービス一覧