総合ニュース
2020.07.28

新型コロナウイルス慰労金について(追記2020.07.28)

新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、医療従事者には国から慰労金が給付されることが決まりました。

高齢や障害分野で働く職員を対象に、支給金額は下記の通りです。

◆新型コロナ感染者が発生した、または濃厚接触者に対応した事業所の職員→ 20万円
◆感染者も濃厚接触者もいない事業所の職員→ 5万円

※いずれも利用者と接すれば、職員の正規・非正規や、職種を問わない。
※ただし、6/30までの間に通算10日以上勤務していること、有給や育休など実際に勤務していない場合は勤務日数に含めないなどの条件が追加されています。
 →6月時点での就業先にて申請をしていただく必要がございます。
  申請時期に既に退職されている方は、就業証明を用意の上、自身で申請していただく必要がございます。
※複数事業所で働いている場合も、『職員一人につき一回まで』の給付。
  →原則、ひまわりがWワーク先の方は、本業の事業所さまにて申請をお願い致します。

■■7/27~各就業先の事業所様にて申請が始まりました。
  ただ施設様も都道府県からの給付までに、申請後1か月程度の時間要するとのことです。
  また、振込は原則事業所様から直接振込予定になっています。

 以上、宜しくお願い致します。

お知らせ一覧に戻る

サービス一覧